論理的思考はトレーニングで伸びる

お知らせ通信制論理エンジンの販売は2016年3月末までとなります。
発売元の水王舎が3月末で通信制用の論理エンジンの販売を中止するためです。
4月以降は、他塾でも、通信制度はなくなると聞いております(在庫限り)。
(他塾の教室に行って論理エンジンを受講することは可能です)
論理エンジンを自宅で受講ご希望の方は、3月20日までにお申し込みください。指導期間は1年間ですが、当塾が続く限りは質問・添削依頼は受け付けます。
現在、当塾は「スカイプによる勉強法指導」に力を入れております。国語力や論理的思考力養成についても、論理エンジンと同等以上の効果のある方法も開発済みです。
ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。
勉強法&記憶法の指導内容についてはこちらをご参照ください。

言葉の使い方をマスターすることで論理的思考は身につく

言葉の使い方を理解することが「論理的思考」を身につけるための最短かつ最良の道です。そのことにより、あなたの頭の使い方は確実に変ってきます。

 私たちは、物事すべてを“言葉”に置き換えた上で認識し、それを頭で整理することで初めて他者に説明できるようになります。

 例えば、「楽しい」という気持ちを誰かに伝えたければ、「楽しい」という言葉に置き換えなければ説明は成立しません。「楽しい」という言葉を使わずして「楽しい」と認識することは不可能であり、当然、その感情を他者に伝えることはできないのです。

 こうした「言葉の置き換え=認識」が発生した時点で、論理が発生します。まさに言葉と論理は切っても切れない関係にあるのです。つまり論理的思考とは、「言葉(言語)の使い方に従った考え方」だと言えます。言葉の使い方をマスターすることは、論理的思考に習熟するための大前提だと考えてください。

※言葉の使い方=文法+論理(文章構成法)

>>論理的思考がビジネスで活きる理由

トレーニングすれば誰でも論理的思考ができるようになる!

 「論理=言葉の使い方」である以上、今からでも、誰にでも、論理的思考を身につけるチャンスがあります。決して難しいことではありません。論理は、子供から大人まで、多くの人が毎日触れているものです。言葉の使い方の規則に従って、繰り返しトレーニングすることで、やがて論理に習熟(無意識のうちに論理的な考え方ができる状態)することができます。

 また、関連書籍を読んでも一向に論理的思考が身につかないという人は、論理的に考えるための方法を知っただけで満足してしまう傾向にあります。理解しただけでは、論理的に頭を使うことはできませんし、逆に頭でっかちになり、テクニックやフレームワークばかりに依存してしまい、果ては失敗してしまうものです。

「知ること」と「できること」は違うということをご認識ください。

 ビジネスとは、問題解決の実践です。実践を伴わない、場当たり的な学習だけでは結局のところ「論理的な頭の使い方」に習熟するには至りません。

 では、ビジネスの現場で使える「論理的な頭の使い方」を身につけるためには何をすればいいのでしょうか?

 当サイトで推奨しているのは、徹底して論理的思考を磨き上げることのできる教材として爆発的に広まっている「論理エンジン」。論理エンジンとは、カリスマ現代文講師で有名なあの出口汪氏が開発した論理的思考力養成システムです。

>>論理エンジンとは?

>>論理エンジンの開発者出口汪氏とは?